[新訳]大転換

[新訳]大転換

Author
カール・ポラニー

Publisher
東洋経済新報社

Publish Date
2009-06-19

amazon

COMMENT

新自由主義的な考え方が、いかに全体主義に結びついていくのかを、産業革命から金本位制の崩壊などを焦点に分析しています。 マーケットメカニズムを信奉する人たちが、保護主義的な政策に対して反対する傾向があるのですが、実は保護主義的な政策はその新自由主義的な考え方が生み出していたものという議論がなされています。 決してやさしい本ではありません。でも、こういう本を読んで議論してついた力は、お手軽なネットの記事だけ読んでいる人にはつきません。ぜひ。