ロボットと生きる社会―法はAIとどう付き合う?

ロボットと生きる社会―法はAIとどう付き合う?

Author

Publisher
弘文堂

Publish Date
2018-01-23

amazon

COMMENT

民法学者・角田とロボット工学者・工藤がホスト役になって、新井紀子(数学・論理学)、平田オリザ(劇作家)、大崎貞和(野村総研)をはじめとする多彩なゲスト8人とのリレー鼎談をとおして、ロボット・AI時代に向けた法制度のあり方を考える。ゲストのプレゼンテーションのあとに展開される白熱の鼎談で、なかなか活字にされることのなかったアイディアが闘わされている。