文化のフェティシズム

文化のフェティシズム

Author
丸山 圭三郎

Publisher
勁草書房

Publish Date
1984-10-15

amazon

COMMENT

言語を使うことで人間が世界の抽象化と体系化を行っているという論理体系に深入りすることに興奮を覚えた。物と物との関係性は自分らが編み出し、固定的でもないという認識を持ちつつ日々の事象を観察すると常に新鮮だ。